第11期生新奨学生証書授与式・研究発表会を開催しました。

5月19日(日)今池ガスホールにて、第11期生新奨学生証書授与式・研究発表会を開催しました。

37名の新奨学生(うち1名欠席)他、現役奨学生・OBOGを含む約160名の関係者が参加しました。

まず午前の部として、第11期生新奨学生証書授与式を実施しました。

新奨学生代表の2名が証書を受け取り、服部財団の奨学生となった心境や大学生活への意気込みなどを語りました。
現役奨学生やOBOGに見守られ、2019年度の新奨学生37名が正式に財団の一員となりました。
新奨学生1名1名が壇上で自己紹介をする場面も設け、大学生活やその先の将来に対する意気込みを表明しました。

レストランでの立食パーティーで他の参加者と交流していただく時間を設けた後、午後の部として研究発表会を実施しました。

事務局内での査定によって選出された、OBOG1名と現役奨学生6名が発表者として登壇し、それぞれの専攻に関する研究内容を発表しました。

質疑応答の時間には、たくさんの学生から発表者に対する質問がありました。
奨学生同士が刺激を与え合う大変充実した時間になりました。