コロナに負けるな!

服部国際奨学財団 選考委員から
服部奨学生へのメッセージ

新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、2020年度の大学生活はこれまでと一変しました。
キャンパスに通えない、新たに始まったオンライン講義への対応、 就職活動、アルバイト、新しい友人との出会いなど様々な支障が出ています。
そんな中、服部国際奨学財団選考委員の先生から服部奨学生に励ましのメッセージを頂きました。
新大学1年生、就活中の大学生、研究に勤しむ大学院生等服部奨学生のみならず、多くの大学生の方に共感して頂ける内容ですのでこちらのページで公開いたします。ご覧ください。

 『自分と対話し、人間力の涵養を~コロナに負けない奨学生の皆さんへ~』
 劉 傑 様(早稲田大学社会科学総合学術院 教授)

 2020年は特別な一年として歴史に刻むに違いありません。ほとんどの学生は春から大学の校門をくぐることもできず、自宅でパソコンに向かって授業を受け続けてきました。なかでも一年生の皆さんは、大学生になった実感をもたないまま、一学期を過ごしたのではないでしょうか。本来なら、希望に満ちたキャンパスライフのなかで知り合った新しい友人と、サークル活動や、旅行を楽しむ夏休みの筈ですが、自粛ムードのなか、屋外の空気を吸い込むことすら、一種の贅沢になってしまいました。

 服部国際奨学財団のメインイベントの一つに、1泊2日の研修旅行があります。奨学生の皆さんは毎年の夏に日本国内の名勝を訪れ、体験や見学を通して、歴史と文化を学び、豊かな感受性を育み、奨学生共通の思い出を作ります。また、財団が定期的に主催する文化講座や、研究発表会は、奨学生が各自の専門領域を越えて学知を広げ、知的交流を行う貴重な機会です。しかし、今年は奨学生の健康を第一に考え、イベントの中止、延期を決断せざるを得ませんでした。

 このように、新型コロナウイルス感染の拡大は、われわれの生活に大きな影響を及ぼしています。奨学生の皆さんも日常の学習と生活のなかで、さまざまな不安を抱えているに違いありません。

 一方、自分自身と周りの家族や友人の健康を最優先に考えながら、眼下の危機を、チャンスに転換する方法を模索している人も多いのではないかと思います。アフターコロナの世界を予想することは簡単なことではありません。しかし、人々の生活様式や働き方、学校教育のあり方、さらにはコミュニティや社会のあり方に根本的な変化が発生する可能性は否定できません。つまり、われわれはまさに激変する時代に出くわしているのです。この激変を目前にして、不安と閉塞感に満ちた今を、「人間力」を涵養する機会として活用する人に、拍手を送りたいです。

 では、「人間力」の涵養とはどういうことでしょうか。日本を代表する陸上競技の桐生祥秀選手に関する記事を読みました。コロナの影響で東京オリンピックが延期され、従来通りの短距離走の練習もできなくなりました。その一方、自由時間を手に入れた桐生選手は、コロナ終息後のこと、選手生活を終えたあとのことを見据えて、簿記の勉強や、英会話の練習に1日7時間を使っているというのです。

 コロナウイルスの拡大を防止するため、大学生も1人でいる時間が多くなったと思います。このような時間を、孔子の言葉を拝借して、「学びて時にこれを習う」機会にすることを提案したいです。今まで気になっていた本を読み、聞き流した情報をもう一度確認することは、アフターコロナの時代への備えになりますし、「人間力」を涵養する過程にもなります。

 不確定な時代を生き抜くために必要なものは、独自の問題意識と独立の精神をもって思考し、行動する力です。我々が生活している時代は、曾てない豊かな時代です。しかし、この豊かさは、環境破壊、資源の枯渇をもたらしました。今回の新型コロナウイルスの感染拡大も、豊かさにともなう人間の自由な移動がもたらす危機です。また、地域格差や宗教対立などの不安も地球上の問題として存在しています。大学で学ぶ伝統的な学問だけではこれらの問題を解決することは、もはや不可能です。読書と思索を重ねるなかで、独自の問題意識を育て、解決法を探究していくしかありません。インターネットの普及にともなって、我々が浴びせられている情報の量は飛躍的に増加しました。情報の洪水に飲み込まれないように、独自の思考力と判断力を育てていきましょう。

 一方、1人でいる時間が多くなると、コミュニケーション能力の低下を招きかねません。コロナ終息後、世界各地域の交流が一気に加速することが予想されます。それに備えて、コミュニケーション能力の維持と強化に心がけるようにしましょう。幸い、Web会議システムの普及により、コミュニケーション力を維持する環境は整っています。問題は能動的にコミュニケーションをとるのかどうかです。皆さんが一学期のオンライン授業や、「リモート飲み会」で体験したのは、相手の顔を見ないでコミュニケーションをとる方法ではないでしょうか。対面型のコミュニケーションへの適用力を維持するように心がけていただきたいと思います。

 他人とのコミュニケーションを実り豊かなものにするために、自分自身との対話も必要不可欠です。歴史のなかで、人類は数10年間隔で大きな危機を経験してきました。皆さんの祖父母は戦争と敗戦、父母は冷戦の危機やバブル崩壊の衝撃を経験したでしょう。そして皆さんは世界規模の感染症の危機に遭遇しています。皆さんの祖父母や親たちは自分との対話を繰り返すなかで、自分の本音を傾聴しつつ、人とのコミュニケーションを取り、それぞれの方法で難局を乗り切った筈です。私の記憶に残っている、幼少時に経験した危機は1976年の「唐山大地震」でした。この地震で北京から200キロ離れた唐山市は壊滅的な打撃を受け、死者は24万人に達しました。当時の私は北京の学校に通う中学生でした。大きな地震を経験したことのない北京市民は住宅倒壊の不安と恐怖に襲われ、2年間にわたって路上でのテント生活をしました。学校はしばらく休講になり、インターネットも携帯電話もない時代でしたので、私の記憶に孤島に流されたような恐怖が残っています。その時、ひたすら日記を書き続けたことは救いであった。今になって考えれば、自分との対話を続けることは、他人とのコミュニケーションを豊かにする条件なのかも知れません。

 さて、コロナの影響で、大学での学び方も大きく変わろうとしています。しかし、学び方が変わっても、大学の目的は変わりません。大学はもっぱら高度な専門知識を学ぶ場ではありません。あなたの人生にとって、何が一番大事かについて悩み、考える場です。また、如何にしてこの世界をよりよいものにするかについて、議論し、探求する場です。服部国際奨学財団は、このような問題意識を持って大学生活を送っている皆さんを全面的にサポートしていきます。

 『コロナ後の世界のために』
 梶谷 真司 様(東京大学大学院総合文化研究科 教授)

奨学生の皆さん、元気にしていますか? コロナウィルスの影響で世界中の多くの国で人々は家にいることを余儀なくされ、仕事も勉強も遊びも著しく制限される日が続いています。病気になるのは不安ですが、それ以上に先行きの見えない生活に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

 そのような状況のなか、コロナは、よい意味でも悪い意味でも、今まで当たり前だと思っていたことが、そうではなかったことに気づかせてくれました。それで本当に大事なものが何かをあらためて考えるきっかけになったのではないかと思います。

キャンパスライフの大切さ

 皆さんにとって何より大変だったのは、大学に行けないために、いわゆるキャンパスライフが送れなくなったことではないでしょうか。このことはとくに新入生にとっては深刻な問題です。

 大学に入ったらオリエンテーションがあって、サークルの勧誘があって、新歓コンパがあって、先輩や同級生に知り合いができます。授業が始まれば、新しい環境に戸惑いながらも、新しくできた友だちと食堂や喫茶店で、勉強や遊びのことでいろいろとおしゃべりします。大学の先生とも親しく話をする機会があって、大学ってこんなところなんだと実感します。

 一つ一つは些細なことかもしれませんが、そういう小さなことが大学生活を豊かで楽しいものにしてくれていたということに、私自身あらためて気づきました。それがほとんどできなくなったわけですから、こんな不条理でつらいことはありません。

授業の課題の大変さ

 大学によって事情は様々のようですが、授業じたいはZoomで行われたり、オンデマンドで動画を見たり、あるいはネット上にアップロードされた資料を見て勉強したり、いろんな形態でなんとかなったのかもしれません。それでも学生からすれば、教室や図書館や食堂など、大学の設備も使えずにただオンラインで受ける授業では納得できないこともあるでしょう。

 しかも大学側は、オンライン化によって直接のやり取りが減って学習効果が下がると考え、課題を出すことでそれを補おうとしました。各教員は自分の授業のことしか念頭にないので、大小さまざまな課題を出します。個々の課題は大したものではないのかもしれませんが、全体としては膨大な量になったと思います。とくに学期末は、期末試験がオンラインでは難しいので、レポートの数が例年よりはるかに多くなったように聞いています。

 普段だったら、サボったり居眠りをしたりして過ぎていたはずの授業が、オンデマンドだと受けられてしまう。友だちと相談したり先輩からアドバイスをもらったりして、適当に手を抜くこともできない。レポートの書き方も分からない。一人途方に暮れながら頑張るしかなかった人もいるのではないでしょうか。

 その甲斐あってか、教員から見ると、今年の学生たちはとてもまじめに授業に取り組んでいて、学習効果も上がっているようだということも聞きます。仮にそうだったとしても、だからこれでよかったというわけではありません。

 大学生活は勉強さえしていればいいのではなく、キャンパスライフを充実させることも大事だからです。その点で言えば、今年の大学生は本当に大変だと思います。そんな状況の中で皆さんが奮闘したことは、結果が満足のいくものであろうとなかろうと、無条件に讃えられるべきものです。そこは誰が何と言おうと、自信をもってほしいです。

オンラインの便利さ

 他方で、コロナの影響で逆によかったこともあるのではないでしょうか。自宅で授業が受けられるので、通学の時間と負担がなくなり、睡眠時間が増えた人もいるでしょう。体調が少々悪くても授業に参加できるとか、オンデマンドなので何度でも授業が見られて助かった人もいるようです。

 体に障害をもった人、不登校や引きこもり等、もともと外に出るのが難しかった人にとっては、今の状況は自分が無理をせず、負い目を感じなくてすむので、むしろありがたいという話も聞きます。

 家族と一緒にいる時間が増えて、ストレスが溜まって関係が悪くなった人もいるかもしれませんが、逆に会話が増えて関係がよくなった人もいるようです。友人関係も、普段一緒にいた人とまったく連絡を取らなくなり、逆にオンラインで親密になった人もいるのではないでしょうか。

 オンライン生活の利点は、他にもあります。私は東京大学の「共生のための国際哲学研究センター」(UTCP)を運営していますが、4月以降、オンラインのイベントをたくさん行っています。すると、今までの4~5倍の人が参加し、文字通り北海道から沖縄まで、それどころか海外に住む日本人まで来てくれます。

 そこで気づいたのは、今までは地理的に遠い、子育てや介護で家から出られない、心や体に困難があって外出できないなど、様々な理由で当たり前のように排除されてきた人たちがいることです。それがオンラインによって一気にハードルが下がり、はるかに気軽に参加できるようになりました。

 オンラインで開催される講演会、セミナーもたくさんあって、中には無料のものもあります。皆さんの中にはそういうイベントに参加した人もいるかもしれませんね。

 同様に留学やサマープログラムも、現地へは行けなくなりましたが、オンラインできわめて安価に、どこの国のでも参加できるようになりました。これは時間的・経済的に余裕がない人にとっては、むしろ好都合なことでしょう。

コロナ後の世界を創る

 コロナ禍はいつになったら収束するのでしょうか。1年で終わるかもしれませんし、2年、3年かかるかもしれません。そのとき昔と変わらない日常が戻って来るのでしょうか。そういう部分もあるでしょう。

 でも元に戻らないこともたくさんあると思います。とくにオンラインで可能になった世界規模の多様なつながりは、おそらくこの間に大いに広がり、それを前提とした世の中になるでしょう。他にもいろんな変化、新しい試みが生まれ、そのうちのいくつかは確実に残っていくでしょう。

 だからコロナ後は、これまでとは違う世界になっていきます。それはもちろん楽しいことばかりではありません。しかしどうなるにせよ、皆さんが今している試行錯誤や苦労は、その土台の一部となるはずです。

 だから皆さんは、コロナ禍によって犠牲になった世代ではなく、コロナ後の新しい世界を創っていく最初の世代になるのです。これからもいろいろと大変でしょうが、このことを時々で思い出して前へ進んでほしいと思います。

皆さんのことを心から応援しています。