財団OBの方からマスクが寄贈されました

服部国際奨学財団事務局よりお知らせです。

当財団OBであり岐阜大学卒業生の王学頴さんからマスクが寄贈されました。

王さんは2010年に財団第2期生として入団され、2011年の卒団後は上海でお仕事をされてきました。

この度、新型コロナウィルスの感染拡大で日本のマスク不足が深刻化しているとの報道を知り、留学中の恩返しがしたいと考え財団にマスクを寄贈されたとのことです。

頂いたマスクは感染防止に役立てられるよう大切に活用させて頂きます。

財団では今後もOBOGとの縁を大切にしながら奨学支援活動を続けてまいります。