HOME > 財団について > 創設者紹介・設立趣旨

創設者紹介

服部国際奨学財団は、故服部太株式会社ユー・エス・エス代表取締役会長が私財を投じて、優秀な学生に対する奨学・援助を行い、わが国との友好親善に寄与することを目的として2008年11月21日に設立されました。
既に大学、大学院を卒業され、我が国、本国に問わず活躍の第一歩を踏み始めておられる学生の皆さんが、今後わが国と諸外国との友好の架け橋となっていただくことを願っております。

財団設立趣旨

当財団はアジア諸国を中心とした諸外国から、わが国の大学等に留学する優秀な学生に対する奨学、援助を行い、わが国と諸外国との友好親善に寄与することを目的として設立されました。
2012年8月財団法人から公益財団法人へ移行し、日本人学生の支援を開始しました。また2014年度からは、優秀でありながら経済的理由により就学困難な愛知、岐阜、三重県の国公立高校の高校生への大学進学支援を開始しました。
夢を見つけて、遊ぶ時間を削りながら勉強してきた若者が、経済的理由で、夢をあきらめてはならないよう、一人でも多くの若者が、夢に向かって進み続けられるように支援を続けてまいります。